1日乗車券を何十年ぶりに買う

November 28, 2018

 

先日、運転免許の更新に行ってきました。

更新手続き&講習を行う平針運転試験場の駐車場が全面閉鎖中。

自転車での移動は坂のアップダウンが急激に多い場所なので嫌だなってことで地下鉄とバスで行ってきました。

 

地下鉄は研修や飲み会とかの時にたまぁ~に乗ることはあるけどバスはむちゃくちゃ久しぶり。前に乗ったのいつだろーって記憶にないくらいぶりでした。

地下鉄とバスの1日乗車券を買って行きました。

 

自分が小学生くらいの頃の1日乗車券ってもっとポップなデザインで特別感があったと思うんだけど、新幹線の乗車券のような簡素なものになっていて少々つまらなく感じました。

 

1日乗車券って普段地下鉄やバスは利用しないんだけどその日だけたくさん利用しますっていう「特別なもの」だと思うんですよね。

その理由が今回の免許の更新のような事務的なものであったとしても。

だから特別なデザインが施してあるとそれだけでワクワクして地下鉄やバスでの移動も少しは楽しく感じると思うんだけどなー。

 

何年か前にタイに行ったときも私鉄の1日乗車券を買いました。

旅先+ポップな絵柄でとてもワクワクしました。

とてもいいデザインだったので日本に持って帰り、友達に見せると気に入ったようで欲しいと言われたのであげました。

 

全然違うんだけど、YOU'phoriaの祝日の特別プログラムの告知POPも毎回デザインを変えています。

もちろんレッスンの変更を伝えるものではあるんだけど、ただ変更しました…ではなくて祝日=お休みの日にワクワクして特別なレッスンに参加してもらいたいって想いで敢えて定型フォーマットを作らずに毎回デザインを変えて特別感を出しています。

なのでホームページでもそのままのPOPの状態で出しています。

 

1日乗車券で思ったのは事務的にわかりやすくするのも一つの伝達手段だけどちょっとした工夫で地下鉄やバスが単なる移動手段じゃなくて楽しいものに変えることもできるよなと思いました。

もちろん多少のお金や労力はかかるけど楽しいを上回るものはないと思うのでそのお金や労力をかける価値はあるかなと思います。

 

一番大事なのはもちろん中身なのでどんなに乗車券が優れたデザインを施してあっても地下鉄やバスが動かないでは話にならないですが。

同じようにどんなにPOPが凝っていても実際のレッスン内容が大事ですしね。

 

ってなことを移動中に考えてました。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

October 19, 2018

September 21, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索