まだまだ…っつーか全然だなー

January 25, 2018

今せっせと「Lesmills in NAGOYA YOU'phoria」の

想ひ出グッズのフォトアルバムの作成作業中です。

動画で撮影したものをキャプチャをするといった作業をしています。

 

なので何度も何度も動画を見ていて

作業中といえど

プレゼンターの方々の動きや発する言葉やそのタイミング、表現方法などたくさん勉強になります。

すごいなーと思うことだらけで感心しっぱなしです。

(なので作業遅れてます。スミマセン…。)

 

自分にないものをたくさん持っているプレゼンターの方々の映像を見るのは

自分へのフィードバックにもなりインストラクターとしてとてもありがたいことです。

同時に自分の力不足にガッッッッッッッッッッッッッッッッッッッックリします。

 

本来、自分の映像を見るのって嫌なんですよねー。

テクニックの面では自分が思い描いているフォームとは全然違っていて

特にしゃべりながらだとその雑さ・粗さが目立ちます。

表現の面ではそもそも自分の声が嫌いだし。

大きく荒々しく表現しているつもりでもこじんまりして小さかったり…。

 

今回、ボディコンバットで自分の動きを見ていて

ものすごく感じたのはパンチの腕の長さ。

いつも「肩を入れて拳を遠くへ」と言っていますが

肩はかなり意識しているので入っていたけど肘が曲がりすぎて腕が短い!

長さの表現が全然できていなかったのがショックでした。

ただでさえパンチが苦手なのでそこをしっかり表現しないとね。猛省です。

 

実力不足は努力不足っていう自論を持っていますがまさしくそれ。

ここ一年は忙しさを言い訳にして、ろくに練習もしていなかったので

いろいろと実力不足になってます。

まだまだできてないってよりか全然できてない!

インストラクターとして9年、会員の時から合わせると13~4年くらい

ボディコンバットやっていてもこんな基礎的なことができないって悔しいなー。

まあできない理由ははっきりしているので反復練習するだけなので

努力でなんとかなるレベルのことは努力しないとね。

 

正直、引退も考えるお年頃ですが

もうちょっとインストラクターを続けたいのでまだまだがんばらねばね。

はじける若さの表現は無理がありますが

(まず「はじける若さ」って言い方に時代を感じる)

おじさんも成長できるんだぞってのを示していきたいと思ってます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

October 19, 2018

September 21, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索